受診のながれ

 

Step1 ご予約

初診の方

全クリニック共通で、初診予約専用ダイヤルからのみ受付いたします。

現在の待ち状況
  • スリープクリニック調布】 ただいま1週間先のご予約になります
  • スリープクリニック銀座】 ただいま2〜3日先のご予約になります
  • スリープクリニック青山】 ただいま2〜3日先のご予約になります
  • ※2015年11月現在

再診の方

インターネット予約をご利用いただくか、各クリニックに直接お電話ください。




Step2 初診のご来院

問診・診察後、自宅検査用の機器をお貸し出しいたします。

自宅検査機器のくわしいご説明を受けられた後、会計してご帰宅となります。ご予約のクリニックの場所交通アクセスにてご確認ください。

Step3 はじめての ご自宅での簡易検査

初診時にお渡しした検査機器は、1週間〜2週間常時お体に身につけていただく行動計(入浴時は外して頂いて構いません)と、症状によってご自宅で1晩〜2晩つけていただく検査機器(SPO2モニタ)がございます。

使用する検査機器

行動計 (1日100円程度)

日常生活の睡眠状況を調べます。
睡眠の状態は日々変化します。1〜2週間ほどのまとまった期間身につけていただく事により、あなたの睡眠リズムを計測し、治療に役立てます。


O2モニタ (パルスウォッチ)

SASの疑いを調べます。血液の中の酸素濃度を測定します。呼吸が止まったりいびきをかく場合、鼻や口から充分な空気を取り込めずに血中の酸素が不足しますので、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を判定するひとつの目安になります。



Step4 再診のご来院(検査結果のご報告)

自宅で検査した機器をご持参の上、ご来院ください。医師が機器に記録されたデータを医学的に分析し、今後の治療方針をご提示します。

Step5 必要時のみ行われる検査・治療

自宅で検査した機器をご持参の上、ご来院ください。医師が機器に記録されたデータを医学的に分析し、今後の治療方針をご提示します。


深部体温計 (保険診療)

不眠の原因を調べるための検査です。睡眠中の体温を測定します。通常の体温計の場合、外気の影響を受けやすいため実際の体温より低めの数値が出てしまいますが、深部体温計の場合は、よりからだの核心温度に近い体温を測定することができ正確な診断に役立ちます。



睡眠評価検査 (保険診療)

「スマートウォッチ」という機器で、いびきや無呼吸などの自覚症状がある場合などに行います。CPAPの使用が必要かどうかを調べます。



24時間血圧測定 (保険診療)

主に睡眠中の血圧を測定いたしますので、ご自宅で就寝時につけてお休みいただきます。





自宅脳波検査 (保険診療)

睡眠時無呼吸症候群の疑いのある方の検査です。ご自宅で脳波計をつけて就寝していただき、睡眠中の脳波を記録します。


宿泊PSG検査 (費用:11,500円〜21,500円(差額ベット代含む)※保険の負担割合による/1泊2日) (保険診療)

睡眠時無呼吸症候群など、睡眠障害の可能性が高い場合は、調布にある検査施設にお越しいただき、宿泊検査を行います。睡眠時の脳波、体動ほか、詳細な睡眠データを記録します。



CPAP治療 (レンタル:保険診療/購入:自費診療)

睡眠時無呼吸症候群と診断が確定された方。レンタルは保険が適用され、3割負担の方で約5,000円/月です。


最新マウスピース治療 (自費診療:費用:18万円〜)

睡眠時無呼吸症候群の治療に使用します。CPAPの代替治療として有効です。 違和感なく就寝できるよう、歯科と提携して患者さまの歯形を取り、お口にフィッ トするように作成します。CPAPをやめたい方、移動の多い方などの相談を承っ ております。


お薬による治療 (保険診療)

不眠に精神的な要因が絡んでいたり、他の要因でもお薬で症状が改善できる見込みがある場合は、お薬を飲んでいただきながら快方をめざします。無理なお薬の処方はいたしません。

このページの一番上へ戻る